トリマー専門派遣求人サイト、トリマー派遣.jp

Staff Blog スタッフブログ

たこ焼き会

こんにちは!
トリマー派遣スタッフです。

今回も、トリマー派遣の営業スタッフから届いたブログをお送りします。

 

 

 

みなさんこんにちは。
アニフル事業部営業のNです。

 

今日はお休みです。
夕方からお客さんが遊びに来るので、家の片付けやお掃除で、てんてこ舞いでした 笑
(普段からの整理整頓、大事ですね)

 

おもてなしのお夕飯は何を作ろうか、とスーパーに行くと、今日は、タコが安い様です。
タコの足もリーズナブルですが、タコの頭が1パック80円。
グラム1円を切る生鮮食品は、若者の味方ですね。

 

 

ということで、今日は急遽たこ焼き会になりました。
でーんと男料理です。
ずっと同じ味だと飽きてしまうかな?と、明太子ソースや明石出汁など、いくつか味も用意しました(^^)

そして今日の秘密兵器はこちらです。
お土産にいただいた「完熟ケチャップ」
瓶入りのケチャップって素敵ですよね。

 

 

 

原料を見る限り、サルサに近い調味の様でしたので、プチトマト、生ハム、チーズのたこ焼きに、そのままソースとして使います。
たこ焼きって自由だなぁ・・・笑

 

 

くつくつと焼けて来ました。
良いですねこういうの。
学生の頃、アパートで、同期と、鍋やたこ焼きなんかを囲んでいたのを思い出します。

 

 

先ずは、オーソドックスなお味から。
マヨネーズは沢山かけちゃいます(^^)

 

たこ焼きは、生まれてからもうじき100年ほどの料理ですが、最初は、蒟蒻やエンドウ豆を具とした「ちょぼ焼き」や、スジ肉を具とした「ラジオ焼き」を起こりとしているそうです。
蛸や鶏卵多目の生地を用いた現在のたこ焼きは、明石焼きから影響を受けたのですね。

 

 

続いて、ミニトマト、生ハム、チーズにお土産のケチャップをかけたお味。
ケチャップ、果肉感と味がしっかりしていて、中にミニトマト入っているのに、ミニトマトよりトマトの味がします。強い・・・
塩気足りるかな?とアンチョビ入れようか迷いましたが、入れなくて正解でした。
とっても美味しい!!!
今日、1番お客さんウケが良かったお味でした。

 

 

たこ焼き会で余った具材と薬味は、枝豆と一緒にお出汁で炊き込みます。蛸メシです。
ウィンナーも入ってますが、蛸メシということにしましょう。

 

 

 

翌朝、綺麗に炊けていました(^^)
日本酒に合いそうですが、一応朝ごはんです。

 


そのまま一杯、白出汁に山葵を溶かして、お茶漬け風を一杯。
ご飯が美味しいと、日本人に生まれて良かったと実感しますね。

 

 

蛸で思い出しましたが、古典落語の一つに「蛸のだしがら」というものがあります。
(落語、というには短い小話ですが・・・)

 

山奥の村で暮らすある男が、商人から8本足の奇妙な魚を買います。
食べ方が分からずにいると、蛸の美味さを知っている旅人が、「そいつは茹でてね、その出汁を啜るんだ。残った赤いだしがらは食えないから、捨てといてやる」と教えます。
信じた村人は、他の村民と仲良く茹で汁を飲み、旅人は酒の肴を手に入れる。
といった小話です。

 

私は長野の山奥の生まれなので、当時の当事者であれば、何も知らず茹で汁を飲んで、喜んでしまっただろうなぁ、と今でも思います 笑

 

 

以上、お休みにたこ焼きをしたお話でした(^^)

 

スタッフN

 

トリマー派遣.jpに戻る

 

pagetop