トリマー専門派遣求人サイト、トリマー派遣.jp

Staff Blog スタッフブログ

全国トリミング・家庭犬訓練競技会レポート2017

本日、開催された「全国トリミング・家庭犬訓練競技会」の様子を、トリマー派遣スタッフがレポートします!!

 

 

 

トリマーの学生からベテラントリマーまで、トリマー派遣のアニフル事業部は全国のトリマーさんを応援しています。

 

2017,10,24

 

本日、東京都足立区の東京武道館にて、全日本動物専門教育協会主催の全国トリミング・家庭犬訓練競技会が開催されました。

今年で14回目の開催となり、アニフル事業部も3大会前から全国各地より参加されるトリマーさんの応援・支援の一環として、協賛企業にさせて頂きました。

 

 

 

本大会は、関東一円を通過した大型台風の影響もなく、秋の天候に恵まれた中で開催されました。

トリミング競技会は午前10時のスタート。

東京武道館の大会場はスタートの合図に向け、皆さん緊張した面持ちで事前のグルーミングに余念がありませんでした。
カットは、学生によるペットクリップ・ショークリップ、そしてベテラントリマーによるトイプードルやコッカーのデザインカットまで、総勢約90名のトリマーが日頃のカット技術を競っていました。

 

 

この3年間、毎年大会に顔を出しているアニフル事業部のメンバーとしては、男性のトリマーが散見され始めてきた、という感想です。
私は先月、オーストラリアのトリミングショップ(現地ではグルーミングショップ)を数店舗視察し、現地のトリマーさんのカットも拝見してきました。
と、同時に日本からワーキングホリデーを活用し現地でトリミングする日本人トリマーにも色々と話を聞く機会がありました。
その中で、やはり現地のお客様(カットを依頼する飼い主さん)は日本人トリマーのカットを強く希望している、とのことです。

 

トリミングの全国大会は、本競技会の他にもJKC主催の競技会もあります。
どちらの大会も、参加するトリマーの皆さんは学生・一般を問わずプロ意識をもって犬に負担なく手早く、且つ綺麗に、可愛く仕上げている様は、
世界に向けて「日本のトリミング技術ここにあり」と声を大にして言いたいくらい(誰に言えばわかってもらえるのだろう?)に感心させられています。

 

トリマー派遣を通じて、関東地区で約450名のトリマーさんとお話をする機会が多々あります。

その時に必ず出てくる言葉は「3K」についてです。「給料安いの『K』」・「きついの『K』」・「きたないの『K』」。
世界に冠たる技術を持ち、飼い主からは感謝され、年々、成り手が減少しているトリマー。

今後の課題として、トリマー派遣はトリマーの技術に見合った賃金と雇用に見合った福利厚生を、より多くのトリマーさんに広げていき、トリミング業界とトリマーさんが将来も希望が持てる仕事となるように、業界の風雲児として、全国展開を目指して行きます。
 

 

最後に・・・

 

今回優勝並びに入賞されたトリマーさん。
皆さんが行うトリミングは、日本国内に留まらず海外でも高い評価です。
お仕事としては辛い事や苦しい事がありますが、どの業界でも大なり小なり同様の事があるものです。
トリマーとして、長く活躍されることを祈念しております。
おめでとうございました。

 

 
トリマー派遣.jpに戻る

 

 

 

pagetop